第 25 回東海学生弓道合同研修会
日時:平成 29 年 2 月 11 日、12 日
場所:金山プラザホテル
議長:浅田悠斗
議長補佐:中村匠、勝野颯斗
招待役員:谷口耀(全日本学生弓道連盟委員長)、小林拓貴(東京都学生弓道連盟委員長)、
福井拓毅(関西学生弓道連盟委員長)
議事録
1 日目 :議題1、2、質問会
規約の確認:東海学生弓道連盟(東海学連、東海)規約第17条第2項「総会を除く各会議
は、原則として全加盟校の3分の2以上の出席をもって成立とする」→全加盟校出席のた
め成立
第17条第3項「各会議において、本人欠席の場合は委任状を持って出席と認める」
第18条第2項「総会を除く各会議においては、議決は各大学1票とし、原則として過半
数をもってする」
 議題 1:「リーグ戦において道場内に入れる者について」 1-1 道場内に入れる者の細かな決定について
1-2 その他この議題に対する意見について
話し合う。
現行の制度:東海学生弓道連盟規約第 59 条第 2 項並びに第 78 条第 2 項「試合中に登録亡
き者及び当該校、審判以外の者が道場内に入ることを禁ずる」 。ほかに実施要項や運営要
項には記述なし。
→1. 道場内に選手登録されたもののほかに競技している大学の監督、師範、OB、OG が
入ることができるのではないか。
2. 仕事の人数補完のため当該校の者なら誰でも入れるのではないか。
議題 1-1、1-2 に関しての質問確認 →なし  1-1:道場内に入れる者の細かな決定について ~各校相談時間 5 分~
名古屋工業大学(名工):現在男女ともに人数が少ないため、スムーズな試合進行ができる
よう、異性であっても道場内に入れるようにしてほしい。
議長:審判要項により仕事の人手が足りない場合、審判に申請すれば看的用に出してもら
えるため、こちらを利用してはいかがか。
東京都学生弓道連盟委員長(都学):都学ではリーグ戦、新人戦共に部外者に関しての制限
や規定がないため、師範、OB、OG、異性部員すべて道場内に入ってもよい。
関西学生弓道連盟委員長(関西):相手校に知らせる義務なく監督、コーチ、OB,OGも
道場内に入ることが出来る。ただし多すぎても困るため、各 1 名ずつの事が多い。仕事の
人手が足りない時は副審を増やして看的に回したり、原則としては禁止しているが学連の
許可のもと、異性のお手伝い役員を派遣したりして対処している。副審を増やすよりも、
異性の部員を連れてくることが一般的。
議長:現在東海では、師範や監督、OB,OGが道場内に入っている様子はない。先生方
に行射以外の指導をお願いしたいという意見はないか。→なし
・名工からの意見、「部員の人数がすくないため、異性に仕事を頼むことについての賛
否」の議決をとる。
~各校相談時間 5 分~
議決をとる。大学で一名、必ずどちらかに挙手するように。
賛成 35 校 反対 0校
<決定事項>
○仕事の手伝いのためなら異性でも道場内に入って良い。
議長:師範、監督、OB,OG が道場内に入ることについて、何か意見はないか。
名城大学(名城):週1だけの師範指導、指導料の発生、来られないことがほとんど→師範
は入らないで欲しい。
愛知大学(愛知):愛知大学では普段師範の指導なし。学校により射技以外に教えてもらい
たい事もあるだろうから、対戦校の了承を得てなら入ってもいいのではないか。
岐阜大学(岐阜):申請の際に道場内に入れる上限の人数を決めるべき。
議長:昨年、選手が見られないほど指導者がいて困ったという審判の意見が多くあった。
確かに部外者が多いと審判への影響が大きい。
名工:東海学連に質問「現在の規約では師範の射技指導はよいのか。 」
議長:明記されていないため、してもらってもよい。第 49 条より競技中以外の射技指導
は禁止されていない。
他の意見 →なし
・「 道場内にその他の人が入ることについて」の議決をとる。1.賛成、2.反対 3.部分的
に賛成の 3 択
~各校相談時間 5 分~
議長:補足 部分的に賛成の場合、「師範はいいがOB,OGはよくない」などの意見も
欲しい。
議決をとる。どれかに手を挙げるように。
1.18 校 2.4 校 3.12 校 1 校足りない
議決の取り直し×2 1.19 校 2.4 校 3.12 校
議長:この議決をもとに意見を
反対の意見
名古屋外国語大学(名外):師範指導は月1、リーグ戦中には来てもらえない、平等ではな
い。
議長;部分的に賛成な大学の意見
愛大:不平等という意見もある。もしトラブルがあったときに先生がいると、押し負けて
しまうこともあり、学生だけの大学が不利なのではないか。招待役員の方に質問、
「師範や監督がいることでトラブルはなかったのか。」
都学:問題の判断は全て審判がする。
関西:指導は学生限定。師範、監督の指導は禁止、判断は審判にゆだねる。
<昨年の事例 2 件>監督のいる大学の監督がジェスチャーで指導していたと、監督
のいない大学が審判に申告。審判だけでは判断し兼ねたため、後ほど学連役員で会
議。指導が認められた方はその立のその該当選手すべての的中矢を失中扱いにし、
指導が認められなかった方の変更はなかった。
基本は審判の判断にゆだねるが、難しい場合は学連役員が判断する。
議長:その他部分的に賛成の意見はないか。
名工:東海学連に質問「合同付け矢中の指導はどうか。」
議長;試合中ではないため、よい。
賛成の人の意見
名古屋学芸大学(名芸):リーグ戦の目的は勝ち負け、実力の確認、さらにこれからの射技
向上であるため師範、監督からの指導はあってもよい。
もし部外者で選手が見えない時は審判、主将、女将などが指示すればいいので、人数規制
はいらない。
議長:その他賛成意見→なし
・「 師範や監督、OB、OGが入ることについて」の議決をとる。1.賛成、2.反対 3.部
分的に賛成の 3 択
~各校相談時間 5 分~
議決をとる
1.25 校 2.7校 3.3 校
部分的に賛成の意見
愛知教育大学(愛教) :半年に一度あるかないかの師範指導で、不平等のため師範はよくな
い。OB,OGはいい。
名工:師範はよい。OB,OGよくない。OB,OGの入場を許可すると入退場、服装、
試合運びなどの縛りが緩くなってしまう。
愛知学院大学(愛学) :OB、OGがたくさん来ると、現役生に迷惑かかるかも。関西学連
のように前もって人数申請すればよいのではないか。
名古屋市立大学(名市) :師範、監督は相手校の許可を得てならよい。OB,OGは邪魔に
なる可能性があるため、人数制限を設けるべき。
名城:師範、監督、両校の了解を得てほしい。
議長:他の意見はないか。→なし これに関して議決 ~学連役員の相談時間時間~
・「 当該校の了承、学連の申請を通すのであれば、監督、OB,OGの入場を許可する」
について議決をとる。賛成か反対かの 2 択
~各校相談時間3分~
見やすいように 手はしっかり伸ばして
賛成 33 校 反対 1校
取り直し
賛成 34 校 反対 1校
議長:反対の愛知大学さんの意見
愛大:わざわざ了承をえなくてもいいのではないか。
<決定事項>
○手間がかかるが、両校に不平等が生じた時に不満のないように、学連、両校の了承を得
てなら監督などの入場を許可する。
 1-2その他この議題に対する意見について 岐阜大学(岐大) :師範、OB、OGの入場はいいが、異性の指導はいいのか。
~学連役員の相談時間~
議長:
・「応援、射儀指導のために異性が道場内に入ることについて」仮議決をとる。賛成
か反対かの 2 択
~各校相談時間 3 分~
賛成 34 校 反対 1校
反対の愛知大学さんの意見
愛知:男子、女子に人数差があり不平等。なぜ男女でリーグを分けているのか分からな
い。
議長:たしかに試合が男女共にあった場合にも不平等が生じる。
賛成意見
大同大学(大同):女子の人数が少なく、普段からいっしょに練習している異性でも指導で
きた方がいい。
議長:他に意見は→なし
・「応援、射儀指導のために異性が道場内に入ることについて」議決をとる。賛成か
反対かの 2 択
~各校相談時間3分~
議決をとり、規約第 19 条により 3 分の2以上で決定する。
賛成 29 校 反対 6 校
<決定事項>
○応援、射儀指導のために異性が道場内に入ってもよい。
議長:他に意見は
大同:選手以外が道場内に立ち入る際の申請とは具体的にはどういうものか。
議長:考えているのは、審判に申請書を提出し、審判が記録用紙と共に提出する、または
SNSやメールなどで連絡するというもの。
・「1、当該校の了承、申請を得れば監督たち入れる、2、なくても入れる、3、当該校
のみの了承で入れる」の 3 択で仮議決をとる。
~各校相談時間3分~
議決とる
1.4 校 2.8 校 3.23 校
1.大学の意見
岐大:トラブルが起きて規約や審判で決められない時に最終的に学連に判断を任せるた
め。
静岡:道場の形状により、OB、OGの入退場に問題が起こる場合がある。相手校に何人
来ると言われても、当該校が断りにくいことがあるのではないか。客観的に見ても
らうために、学連にも申請が必要。
2.の大学の意見 →なし
3.の大学の意見
愛知淑徳大学(淑徳):監督などの人数制限はリーグ戦が始まる前に東海学連が決めておけ
ばよいのではないか。
議長:人数制限については学連でも検討する。他の意見はないか。→なし
再度議決をとり、最終決定をする。
・「1.当該校の了承、申請を得れば監督たち入れる、2.なくても入れる、3.当該校のみの
了承で入れる」の 3 択で議決をとり、3 分の2以上で決定する。
~各校相談時間 3 分~。
議決をとる。
1.16 校 2.3 校 3.16 校
議決数が多い1.と3.の 2 択で議決をとる。
この議決に関しての意見はないか。
静岡大学;人数制限をしているうえでの申請なのか、していないうえでの申請なのか。
議長:リーグ戦前に人数を検討したうえでこの議決をとる。
他に意見はないか。
大同:申請のタイミングは試合ごとなのか、リーグ戦直前の定例委員会なのか。
議長:道場の広さがあるため、毎回申請を考えている。
名工:人数制限を越えなければ大まかなものでもいいのか、毎回細かく申請するのか。
議長:道場の定員があるため毎回申請申請する。
名城:学連に伝わっていれば審判にも伝わるため、学連に申請すべき。申請は審判に伝わ
っていればいい。問題が起こった時の早期解決のため。
岐大:気まぐれで来られる人は人数に含めるか。
議長:人数に含めないが、道場内に入ることはできない。
愛学:人数を申請するのか、名前を申請するのか。名前であった場合、どの人が申請され
た人かわからない。
議長:他人の名前を語ることが出来るため、名前までは申請しない。今回の議題の内容
は、道場内の見晴らしを考えた人数把握のための人数制限と申請について。
名工:人数のみの制限にしてほしい。毎回試合ごとに連絡し、人数把握し、申請するのは
大変。あらかじめ人数制限を学連がするべき。
議長:たくさん意見をいただき、すぐにお答えできない。後ほど学連で話し合ってお答え
する。
・「師範、監督、OB、OG の道場への立ち入りに関して」1.当該校の了承のみでよい2.学
連への申請も必要の 2 択で議決をとる。
~各校相談時間 3 分~
最終決議 3 分の2以上で決定する。決まらなければ後日新しい議決案をだす。
1.21 校 2.14 校
3 分の2以下のため見送り。
<議題1のまとめ>
○仕事のお手伝い、射技指導のためなら異性が道場内に入ってもよい。
○東海学連への申請、当該校の了承、またはその両方があれば、師範、監督、
OB、OG は道場内に入ってもよい。ただし、詳しい内容については後日議決
案をだしたうえで決める。
 議題 2:東海学生弓道連盟が主催する各大会における団体参加人数について、および欠 席者への対応について
現行の制度:
<東海学生弓道選手権大会>
第 108 条 1、男子団体戦 第1項
「1チーム選手6人控え4人とし、各校3チームまで参加可能とする(団体戦へは1チー
ムのみの出場に限り4名から出場を認める)」
第 108 条 3、女子団体戦 第1項
「1チーム選手3人控え2人とし、各校3チームまで参加可能とする(団体戦へは1チー
ムのみの出場に限り2名から出場を認める)」
第 108 条 1、男子団体戦 第4項
「選手交代は決勝トーナメント1回戦から認める。ただし、選手登録後に先発メンバーに
欠員が出た場合に限り、これより前に控えと交代することを認めることがある。」
第 108 条 3、女子団体戦 第4項
「選手交代は決勝トーナメント1回戦から認める。ただし、選手登録後に先発メンバーに
欠員が出た場合に限り、これより前に控えと交代することを認めることがある。」
<東海学生弓道新人戦>
第 106 条 1、男子団体戦 第1項
「選手5人控え2人とし、各校2チームまで参加可能とする(但し条件を満たせば4名で
も参加を認める)」
第 106 条 3、女子団体戦 第1項
「1チーム選手3人控え2人とし、各校3チームまで参加可能とする(但し条件を満たせ
ば2名でも出場を認める)」
東海学生弓道新人戦
第 106 条 1、男子団体戦 第4項
「選手交代は決勝トーナメント1回戦5射目から認める。ただし、選手登録後に先発メン
バーに欠員が出た場合に限り、これより前に控えと交代することを認めることがある。」
第 106 条 3、女子団体戦 第4項
「選手交代は決勝トーナメント1回戦5射目から認める。ただし、選手登録後に先発メン
バーに欠員が出た場合に限り、これより前に控えと交代することを認めることがある。」
つまり
1.条件を満たせば男子は四人から、女子は二人から団体として参加可能
2.当日欠員が出た場合のみ、控えの選手から予選からでも出場可の場合がある。
しかし、2.に対して出場可の場合はどういった状況か具体的には明記はされておらず、実
際のところはトーナメント一回戦から交代となっていた。そこで
2-1 各大会における団体としての出場人数について
2-2 選手交代のタイミングについて
2-3 その他、この議題に対しての意見について
話し合う。  2-1 各大会における団体としての出場人数について ここでは団体としての最低限の人数を言い、1チーム当たりの出場人数を決めるのではな
いことに注意。また、1チーム参加で当日の欠員が出てしまい男子でいう 3 名で出場にな
ってしまう、また2チーム以上の参加で1チームが男子 4 名以下、女子2名以下になって
しまった場合その団体は団体として扱うかを話し合っていく。
この議題について意見のある大学の方はいないか。→なし
・「 欠員が出たため、男子 3 人、女子 1 人になった場合(1 チーム)、団体として通すか、通
さないか(2 チーム以上の場合)男子 4 人女子 2 人で団体として通すか、通さないか。」につ
いて仮議決をとる。
~各校相談時間5分~
途中、名城大学で例えて具体的説明。
話し合い再開。
追加説明 控えがいない場合を考えて。控えありの話は 2-2 でする。
各大学の意見→なし
招待役員から意見
都学:全関東学生弓道選手権大会(全関)は個人予選と団体予選の日程が違う。全員揃わ
ないと団体扱いしない。
関西: 関西学生弓道選手権大会 控えがいないため、一人の欠席なら団体扱い、団体扱
いにならなくても団体で登録した人はその場で引いてもらう
全日本学生弓道連盟委員長(全日): インカレでは 2 人以上の欠席がでた場合、団体戦に
は参加できない。参加人数の下限は明記してある。
・「当日欠席により本来の人数に満たなくても団体扱いにする、しない」の 2 択で議決を
とる
~各校相談時間 5 分~
議決とる
団体扱いする 6 校 しない 24 校
団体扱い側の意見→ なし
団体扱いしない→ なし
議長:登録の際には条件を満たし、当日欠席者がいるために条件を満たさなくなった場
合、団体扱いにならないという議決決定になっている。これを踏まえて何か意見はな
いか
→なし
なにか意見が欲しい。
~再度各校相談時間 5 分~
議長:団体扱いにするかどうかというのは、控えなしで団体として登録した場合、団体の
場所で引き、個人的中数には反映されるが、団体的中数は数えないということ。
愛淑:当日欠席者が 1 人でも出たら団体扱いされないのか。
議長:その通り。前の説明の「つまり」以降が議題。~議題の再確認~
~各校相談時間~
質問でもよい
愛淑:男子6人 欠員で 5 人 団体の的中になるか?
議長:もともと団体扱いである。~現行制度について説明~
愛工:現在当日欠席者がいて、最低人数に満たさなかった場合、団体の的中にならないの
か。
議長:その通り。
~各校相談時間~
質問でもなんでもどうぞ→ なし
・「当日欠席により本来の人数に満たなくても団体扱いにする、しない」の 2 択で議決を
とる。
~各校相談時間 5 分~
議決をとる
団体扱いする 2校 団体扱いしない 33 校
・団体扱いする側の意見
常葉大学(常葉):人数少なくても予選突破できる的中本数だったのにトーナメントに出ら
れないとなると不満が残る。予選突破は弓道部の宣伝に使えるため、名誉に関わってく
る。
名市:人数少ない時、欠席で団体扱いにならないのは残念で不満が残る。人数が少なくて
も団体扱いであればモチベーションが高まる。
団体扱いしない側の意見
愛工:女子一人で突破してもトーナメントで勝ち上がるのは無理。休んだのは自己責任。
名古屋大学の山中さん:どちらも意見が出るのは分る。分母が減ったときのメリットはな
い。人数が少ない大学のことを考えると認めてもいいんじゃないか。しかし、団体とはな
にかというものを考えると、最初の規定人数は守るべきなのではないか。東海規約は全日
規約にのっとっていて、団体の下限人数も全日に合わせた方がいいのでは?
議長:・「当日欠席により本来の人数に満たなくても団体扱いにする、しない。」について
2 択で議決をとる。
~各校相談時間3分~
議決
団体扱いする 5 校 団体扱いしない 30 校 →3 分の2以上満たすため成立
議長:何か質問はないか→ なし
<決定事項>
○登録段階では人数を満たしているが、当日欠員によって満たさなくなった場合、団体と
して認めない。しかし団体の場所で引くことに注意。
 2-2 選手交代のタイミングについて(控えの選手がいる場合) 議長:「1.予選段階から可能 2.決勝トーナメント一回戦から可能 3.欠席が出た場合の
み予選から交代可能」の 3 つで議決をとる。
都学:全関ではあらかじめ 10 人選手登録をする。立順は当日の朝提出。このやりかただ
と欠員はでない。トーナメント進出の場合、再び立順用紙を提出する。交代は東海
と同じく交代用紙を提出している。
全日:予選で欠員が出ることはない。予選から選手交代を認めている。トーナメントで1
度交代した選手は2度と出られない。
議長:補足として東海では同中競射での選手交代は認めていない。~規約第 53 条 2 項を
もとに説明~2.の決勝トーナメント一回戦からの選手交代は、前項の議決の結果か
ら不可能。よって1.予選から選手交代可能、3.欠員が出た場合のみ予選から選手交
代可能で議決。質問でも意見でもどうぞ→ なし
~各校相談時間~
1.か3.で1度議決をとる。
~各校相談時間 5 分~
~現状運営の説明~予選では 5 人、予選通過後 6 人で引く。欠員が出ても団体扱いとし、
補充はされないとしていた。
~前項の議決と照らし合わせて1,3,の説明~
・「1.欠員がでても控えから補充し、団体としてでられる。欠員なくても交代できる。
3,欠員が出た場合のみ控えから補充して団体として出られる。欠員がでなければ交代はト
ーナメントから」で議決をとる。
1,25 校 3.10 校
3.がいいという大学、最終議決のためになにか意見はないか→ なし
・1.を選んだ大学の意見。
愛学:全日のルールと分ける必要が分からないので、合わせてもいいのではないか。
議長:1.だと形は全日と同じだが、当日に提出するものが異なっている。全日では選手登
録用紙を提出しており、1.では選手交代用紙を提出するということになっている。
他に意見はないか→ なし
名城大学の浅田さん:1.の方が選手の直前の的中状況を鑑みて試合に参加できるため、全
体の的中が伸び、活気が出るのではないか。
最終議決をとる。
~各校相談時間 3 分~
議決とる
1.34 校 3.校 → 3 分の2以上のため「1.予選から選手交代可能」に決定
議長:何か意見はないか→ なし
<決定事項>
○予選から選手交代可能
 2-3 その他、この議題に対しての意見について 名城:予選でスタートメンバーと控えを交代した場合、交代したスタートメンバーが決勝
戦に出ることは可能か。
議長:現在出られないと考えているが、また学連役員で検討する。
他に質問、意見はないか→ なし
<議題2のまとめ>
○登録段階では人数を満たしているが、当日欠員によって満たさなくなった場
合、団体として認めない。しかし団体の場所で引くことに注意。
○予選から選手交代可能
全体会議1日目終了
全日の時間~質問(提案)2点~  女子王座決定戦について 男女の的中率の差がほとんどなく、王座決定戦に来る大学はレベルが高い。平等の考え方
には個人差があるが、男女平等も鑑みて多くの本数、多くの選手にひいてもらいたい。ま
た、女子部のモチベ―ションがあがり、今まで以上に大学の力を示すことが期待されるた
め、規約改正を考えている。そこで、
1.女子の矢数を男子にあわせるのか (予選:3人×12 射、決勝戦:3 人×20 射)
2,女子の人数を 4 人にするのか (予選:4 人×8 射、決勝戦:4 人×12 射)
を検討している。
射数増やすと→ 宿泊日数が増える。
人数増やすと→ 宿泊日数は変わらない。地区予選(リーグ戦など)を 4 人でやっていると
ころは 3 地区しかなく、地区予選と環境が変わる大学が多くなる。女子部員が少ない大学
は、的中率のいい人をそろえられない場合がある。反対に多い大学は大学の力を前面に押
し出せる。

 筈が地面についた時の的中判断について 全日規約では、的枠内に中った場合でも、筈が地面についていれば的中扱いにしていな
い。→学生審判が違いを見分けにくい、履け中りと普通の中りを区別するため。こうする
ことで不平不満が出にくい。
一方で、全日本弓道連盟(全弓連)規約では、筈が地面についていても履け中りでなければ
的中扱いにしている。そこで、 1. 判断のしやすさや学生弓道を押し出すという面から見て、全弓連と分けるのか。 2. 中りは中りとして認めていいのではないかという意見をもとに、全弓連と合わせるの か。
を検討している。
これらの事について最終決定する、
中央委員会での参考材料として、2 日目の質問会にて意見を聞き、議決をとる。夜の間に
考えてほしい。
 質問会 1、練習での心がけについて
From 朝日大学(朝日)、皇學館大学(皇學館) To 中部大学(中部)
朝日:朝日では的中と射型を心掛けているが、中部は?
皇學館:練習では中るのに本番あたらない人が多い。心がけや声掛けはどうしているの
か。
回答
中部:普段から試合を意識して練習。いろいろな形式で練習。中りにこだわり、中る選手
をどんどん使っている。緊張感のある練習を普段からしている。
2、練習内容について
From 名古屋商科大学(名商)、名城 To 中部大学(中部)、中部学院大学(中部学院)、
静岡大学(静岡)、名城
名商:練習内容に不満がある。週 4 部活と練習時間は取っているが、内容が薄い。どうし
ているのか。
名城:中部や静岡、中部学院の練習内容が気になる。
回答
中部学院:週 6 17:30~21:00 自主練、付け矢中心に見合い稽古などで、試
合に近ければそれを踏まえた練習も。お互いに高め合う練習をしている。
中部:時期や大会に合わせて立を組み、時間があれば20射、なければ 12 射する。自主
練では平均 50 射、多い人は 100 射する。見合い稽古もし、お互い刺激し合ってい
る。
静岡大学:試合がない時期は週 3 最低 20 射は時間が許す限り引き、あとは自主練
試合がある時期は毎日 月1で部内試合 競争心を高める練習をしている。
名城:講義のある時は週 3 で 2 時間。好きな曜日に 20 射引く。的中半矢以上で一本競射
を行う。試合前に特別な事はしない。長期休みは毎日 2 時間半の練習を行ってい
る。
2 日目 :議題3、4、質問会
議長:~今日の予定の確認~
~議会についての規約の再確認~ 議会成立により会議開始  議題 3:東海学生弓道連盟が主催する各大会における矢声について 議長:現行の制度:矢声はしてもよい。
アリーナ内、射場内に入れるのは狭いため選手他介添えのみ
そのため、矢声を出せるのは、選手、介添え、観覧席にいる観客である。
大会時でのハイタッチ、ガッツポーズなどは規定なし
→実質矢声などに関しての規定は定められていない
矢声に関しては二年前の研修会にて以上のようになった。
中央委員会にて先生たちとお話しした時、矢声は学生弓道らしくていいが、ガッツポー
ズは武道をたしなむものとしてどううか。という意見があった。そこで、
3-1 ガッツポーズなど体で表現するものに規定を設けるか
3-2 これに対しての意見
について話し合う。  3-1 ガッツポーズなど体で表現するものに規定を設けるか 議長:意見のある人 →なし
~各校相談時間 5 分~
意見質問のある方 挙手
大同:規定を設けるべき 道場がなく、一般の方と練習している。 一般の目があるところ
でガッツポーズはいかがなものかと感じる。
都学:規定なし 個人的にガッツポーズは武道的に良くないと思う。しかし、運営する側と
しては細かい規定が必要となり、また目が届かず、規制することは難しい。
全日:規定なし ひどいと注意。 各自のモラルに任せる。
関西:規定なし しているところを見たことがない。武道をたしなむものならわきまえてい
る。各自の常識に従うべき。
議長:その他意見は? →なし
個人的に、規定を決めると、どこからよくてどこからよくないかわかりづらい。規定を
定めるのは難しいが、目に余る行動があれば、制止できるものがあればいい。武道らし
くしたい。
その他意見は? →なし
議決とる。
~各校相談時間3分~
規定を設ける 1 校 規定を設けない 34 校
<決定事項>
○体で表現するものについて規定を設けないに決定
しかし、役員の目に余る行為があったり、先生からの指摘があったりすれば、役員から注意
する。一般の目がある事を自覚して引くように。
 3-2 その他意見 名市:<お願い> リーグ戦期間中、テスト期間と被ることがあり、矢声なしのお願いをし
ている。しかし、最初は静かでも、だんだん大きくなってくることがある。先生や近
隣住民から苦情がはいるため、普段から度を越さないようにしてほしい。
議長:リーグ戦中、矢声について近隣住民から苦情が入る大学がちらほらある。気を配るよ
うに。その他 →なし
<議題3のまとめ>
○体で表現するものについて規定を設けないに決定
しかし、役員の目に余る行為があったり、先生からの指摘があったりすれ
ば、役員から注意する。一般の目がある事を自覚して引くように。
○リーグ戦中、矢声について近隣住民から苦情が入る大学がちらほらある。道
場を貸してもらった時は、その大学の注意事項を守り、気を配るようにする
こと。
 議題 4:規約の改正について 議長:規約の確認をし、議決をとるのが主な趣旨。
質問はあるか。 → なし
各自規約の確認よろしく。
1、改正前;第 17 条 各議会の設立には、次に~
改正後;第 17 条 各会議の設立には、次に~
理由;誤植のため。
2、改正前;第 81 条 ~の試合に出場する選手三人控え2人を審判員~
改正後;第 81 条 ~の試合に出場する選手三人控え3人を審判員~
理由;3年前の会議で決まったが、規約に変更がなかったため。
3、改正前;第 83 条 ~選手交代は控えの 2 人とし~
改正後;第 83 条 ~選手交代は控えの 3 人とし~
理由;3年前の会議で決まったが、規約に変更がなかったため。
議決をとるので
~各校相談時間 5 分~
1、賛成 35 校 反対 0 校 ○改正
2、賛成 35 校 反対 0 校 ○改正
3、賛成 35 校 反対 0 校 ○改正
~再び規約確認~
4、改正前;第 99 条 第 103 条 ~決定する。但し、優勝決定戦は之に拠らない
改正後;第 99 条 第 103 条 ~決定する。但し、優勝決定戦は定射詰(6射目より8
寸的使用)にて決定する。
理由;第 53 条より、同中の場合は1手競射を行う事になっているが、記録会では 1
手競射を行っていないため。
5、改正前;第 106 条 1、男子団体戦 第1項 選手5人控え2人とし、各校2チーム
まで参加可能とする。(但し条件を満たせば四名でも参加を認める)
改正後;第 106 条 1、男子団体戦 第1項 1チーム選手5人控え2人とし、各校
2チームまで参加可能とする(団体戦へは1チームのみの出場に限り4名から出場を
認める)
理由;条件が明記されていなかったため。
6、改正前;第 106 条 3、女子団体戦 第1項 ~参加可能とする(但し条件を満たせ
ば2名でも出場を認める)
改正前;第 106 条 3、女子団体戦 第1項 ~参加可能とする(団体戦へは1チー
ムのみの出場に限り2名から出場を認める)
理由;条件が明記されていなかったため。
以上の事について意見質問など →なし
~各校相談時間3分~
議決
4、賛成 35校 反対0校 ○改正
5、賛成 35校 反対0校 ○改正
6、賛成 35校 反対0校 ○改正
議長:なにか質問意見はあるか。 →なし
~今回の会議で改正された規約確認~
7、改正前;第 106 条 1、男子団体戦 第4項
第 106 条 3、女子団体戦 第4項
選手交代は決勝トーナメント1回戦5射目から認める。ただし、選手登録後
に先発メンバーに欠員が出た場合に限り、これより前に控えと交代すること
を認めることがある。
改正後;第 106 条 1、男子団体戦 第4項
第 106 条 1、女子団体戦 第4項
選手交代は予選から認める。
8、改正前;第 108 条 1、男子団体戦 第4項
第 108 条 3、女子団体戦 第4項
選手交代は決勝トーナメント1回戦から認める。ただし、選手登録後に先発
メンバーに欠員が出た場合に限り、これより前に控えと交代することを認め
ることがある。
改正後;第 108 条 1、男子団体戦 第4項
第 108 条 3、女子団体戦 第4項
選手交代は予選から認める。
議長:意見質問は? →なし
~各校相談時間 5 分~
7、賛成 35 校 反対 0 校 ○改正
8、賛成 35 校 反対 0 校 ○改正
以上で改正案全て完了
3-3 その他質問意見は? →なし
議題 4 終了
 質問会 3、後輩(初心者、経験者)に対する指導について(射技、仕事)
From 名工、中京大学(中京)、朝日大学(朝日)、皇學館、名城 To 愛知、名城、中
部、静岡
名工:初心者、経験者関係なく徒手から指導しているが、上がるのに時間がかかり試合に
出る時期が遅くなるため
中京:上に同じ。また初心者の試合経験が少なくなってしまうのが悩み。愛知大学さんは
初心者でもリーグ戦時に試合にも出て、きれいな射型で引いているため、気になっ
てる。
朝日:初心者多いのだが、どうしどうしてる?
皇學館:後輩指導について、メンタル、技術、接し方はどうしているのか。
名城:新入部委員は多いが、エースになる人が少ない。どのように指導しているのか。
回答
愛知:新入部員が少ないため、個別に根気よく、丁寧に基礎から指導する。経験者の方が
厄介なこともある。高校の違いでの弓道も違う。個別で話をし、理解し合って練習してい
る。仕事は東海大会を目標に教える。それまで 1 日1回反省会をする。
名城:基本指導は2年が担当する。みんな徒手から。射癖の克服や射法8節の徹底。1年
生が1人で引くことはない。仕事はより厳しく、仕事マニュアルを作っている。仕
事のミスの再発がないようミスを許さない雰囲気を作り、緊張感を持たせている。
ミスが多ければ反省会を行っている。試合を意識して練習している。
中部:みんな徒手から。射技はみんな基礎から二人の先輩に見ていただき合格をもらった
ら次のステップへ。仕事は先輩が監督となり指導する。
静岡:みんな徒手から射技指導を行っている。初心者には自主練習や空きコマを通して弓
道の楽しさを中心に教えている。仕事はミスのないよう、集めたり個別に呼び出し
たりしてきちんと指導し、東海大会までにノーミスを目指している。
4、部員勧誘について(女性部員勧誘法について)
From 愛知、名工、愛工 To 各大学 and 名古屋大学(名大)、名城
愛知:現在人数少ない。道場にたくさん呼び込むにはどうしたいいか。
名工:見学者はいても入部してもらえない。例にもれず道場が遠いため、連れてくの大
変。どうしてるのか。
愛工:女子部員が少ない。道場にくる女子に入部してもらうにはどうしたらいいのか。
回答
名大:男女問わず新歓や試射会を行い、試射会では近いとこから引かせている。ツイッタ
ーやビラで情報提供している。女子会(食事会)で交流深めている。
名城:ビラ配る、校門そばに立て看板を立てる、4 月に 2 回の試射会、演武をしている。
また、矢声体験をさせて楽しい学生弓道をアピールしている。お菓子を配り、弓道
について語ることもしている。女子には女子が話かけにいく。
5、合宿での練習内容について From 名城 To 静岡
名城:的前のあがりたて多い中どのような練習メニューを組んでいるのか。
回答
静岡:年二回合宿を行っている。合宿春では、矢渡し、体配が中心。夏合宿では、リーグ
戦前という事で、的中重視の練習を行っている。
朝;射込み、見合い稽古、20 射 昼;20 射、射込み 夜;射込み、見合い稽古を
行っている。
6、試合の組み立てかた
朝日:スムーズにいかない。どうしているのか。
回答
三重:普段から矢取りを1年にさせている。仕事のミスがないように先輩が監督し、厳し
く指導する。間違えれば正座をさせるなど、罰を与え、緊張感もたせ、進行を良く
している。
7、安土の整備方法について From 名城 To 愛知
名城:試合前になると泊まり込みで安土整備をやると聞いたのだが、どのようにしている
のか。
回答
愛知:試合前は前日から清掃など準備をしている。
整備は特に特別なことはせず、土を崩して起こすなどしている
普段から安土を崩して上げている。試合前は少し多めに崩して上げている。
8、その他
名芸:立練を 1 日 1 回行っているが、ほかの大学はどうなのか。
~議決をとる~
回答
1日の立の回数
3 立以下 7 人、4 立 1 人、5 立 23 人、6 立以上 4 人
名大:今年、故障者の割合が名大では多かった。他大のことはどうなのか。
~3 割以下、3 割から 6 割、6 割以上で議決をとるため話し合い~
回答
故障者の割合
3割以下 33 人、3割から6割 2 人 6割以上 0 人
~1 割、2 割、3割で議決をとる~
1 割 25 人、2 割 8 人、3 割0人
・どこの弓具店を利用しているか?
各大学から回答
名古屋市内弓具店:松波佐平弓具店、名古屋弓具店、翠山弓具店
愛知県内 :朝矢弓具店、幽林堂、林忠平弓具店 いろは弓具店、渡辺弓具店
全日の時間
全日:昨夜の話の議決とりたい。質問、意見はあるか。まずは女子王座決定戦について。
中部:地区予選の人数と変わると困るところがあるため、人数は変えず、行射数を変える
方がいいのではないか。
静岡:女子の人手に困ることがあるため、行射数を変えた方がいいのではないか。
全日:3人でも射数が増えると宿泊日数が増えると思われる。それに関して意見は?
中部:日数には問題ない。全国的に女子のモチベーションや実力が上がる。
静岡:実力を示すにはいいが、日数増えるとお金がかさむため、大学生的にどうなのか。
全日:何か伊勢大会について質問はあるか。→なし
~議決とる~
1、現状1校 2、人数増やす1校 3、射数増やす 33校
愛知:現状がいい。学生はお金がなく、勉学が中心。日数が変わらないのなら増やしても
いい。
常葉:日数増え、宿泊費がかさむと金銭で困ってる人にとっては大変。大会のためにバイ
トをして、練習時間が減るとなると、本末転倒な話である。
全日:貴重な意見に感謝する。ほか質問、意見はないか →なし
2 点目、筈がついた時の的中判断についての話に移る。何か質問、意見はない
か。
愛知工業大学中村さん:愛工では どう中ったかよりも、現状で判断している。中ってい
ても筈がついていたら×にした方が判断しやすいのではないか。
名城:先日の説明を聞いて、とても納得した。履けあたりの判断がしやすいよう、筈が地
面についた矢ははずれ扱いでいい。
名古屋:筈がついていても、履け中りでなければ、的中扱いでいい。
~議決とるため各校相談時間3分~
質問 意見は?
名工:普段試合では的裏審判やってる。実際判断やほかの人との連携が難しい。本来は
中たりの方がよいが、判断する側としては×がいい。
~議決~
現状のまま 28 人、改正 6 人
全日:協力に感謝し、中央委員会で参考にする。この会議でほかの地区の委員長と話し合
い、議決をとり、決まったことは何らかの形で加盟校に伝える。
議長:その他質問等は 時間の関係上なしにする。
以上をもって全体会議を終わる。